噛むと痛い! 歯の根っこがやられたのか、と思ったら違ってホッとした話

こんにちは。
暑い、暑いです。

梅雨がまだ明けていないのですが、

池袋も練馬と同じくらいに暑いです。

さて、

私事ですが、

先日、歯のトラブルがありました。

いつもはやわらかめで歯磨きをするのですが、

ここ1、2ヶ月、ハイジのふつうブラシで歯を磨いていました。

5月のある日のこと、

晩ご飯を食べたあと、いつものごとく、

歯磨きをしていました。

左下の奥歯の裏側を磨いていたところ、

突然、ズキューンとした痛みが走りました。

こんな痛みはほんとに久しぶりでした。

歯を磨いた後も、ズキンズキンと脈を打ってるのが分かりました。

翌日は、静かにしていると、

奥歯の脈動がやはり感じられました。

さらに、

噛むと、痛いんです。

これはまいった!

日頃から歯には気をつけているつもりだったのだけど、

虫歯になってしまったのか。。。

噛むと痛い、これは何が原因なのか、

ネットでググると、

歯の根っこに炎症が起きている場合があると書かれています。

まいった、根がやられたのか。

困った、困ったと、

心が暗くなり、どうしたものか、また歯医者に行かなくてはいけないのか。

と途方にくれていました。

しかし、

この痛みが起きた状況をもう一度思い返してみると、

歯をみがいていたら、痛くなったんです。

ふつうのかたさのブラシで、

一生懸命に、磨いていたら、痛くなったんですね。

もしかして、

磨きすぎ?

磨きすぎによる歯肉の炎症かも?

と思い、

ブラシを「ふつう」から「やわらかめ」に替えてみました。

歯磨きする際も、ゴシゴシ磨きはやめて、

やさしく、ブラシの毛先を細かく震わせるような磨き方にしました。

さらに、

痛みが出た二日後、

食事も、固形の食物は止めて、

ゼリーなど、噛まないで済むものにしてみました。

一日、噛むことをしないで安静にしていたところ、

痛みが徐々に引いてきたのです。

助かったぁ!

根っこが原因じゃなかったようだ!

いや、ほんとにもうどうしようかと思っていたのですが、

ブラシを「やわらかめ」にして、

一日、噛まないようにして安静にしたところ、

痛みは収まってきて、

静かにしていると感じられた脈動も、感じなくなりました。

今現在は、痛みはまったくなく、

普通に食事もしています。

今回の教訓は、

これはあくまで私自身にいえることですが、

歯ブラシの毛は「やわらかめ」で、
やさしく磨く!

このことがよく分かりました。

皆様も、

歯の磨き過ぎ、ゴシゴシ磨きは、

歯肉を傷める恐れがありますので、

充分に気をつけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク