windows7 updateでまたエラー  80072ee2と80072efe

今月のwindows updateで、またトラブりました。

進行速度が極端にのろい、遅いです。

まず、しばらくずーっと、0%のまま。

やがて、やっと1%。

そこから10分くらい経って2%。

といった感じです。

1時間ぐらい経って、50%ぐらいダウンロードできました。

遅々として進まないwindows update

さらにそれからまたしばらく時間がかかって、
やっとダウロード、インストールが完了、と思ったら、

一部成功、一部失敗、という結果に。

一部成功、一部失敗という結果になったwindows update

エラーコード 80072EE2

エラーコード 80072EFE

80072EE2って、前にも出て、対策済みのエラーです。

Windows Updateエラー 80072EE2 – スクラップだ!

既に対策してるのに何で……。

他の対処方法がないのか、
いくつかの記事を見てみましたが、
高度な専門知識が必要なものが多く、
私にはちょっと難しい。

簡単そうな方法としては、ディスクのクリーンアップで、
windows updateの不要なファイルを削除、といった方法が紹介されていました。

これならできるとやってみたのですが、
windows updateの不要なファイルは既に削除済み、でした。

困りましたが、結局再起動して再度windows updateしてみると、
時間はかかりましたが、今度は成功!

再起動してupdateしても尚、失敗するファイル。

エラーコード 80072EFE

こちらを調べると、
対策は「再起動して10~15分くらい経って再度update

その通りにしてみると今度は成功しました。

windows updateを始めてから全て成功して終わるまで、
3~4時間。

何とか無事に終わりました。

しかし、何でこんなに遅いのか。

ひとつ思い当たるのは、今月、アンチウイルスソフトをバージョンアップしたことです。

来月のupdateがどうなるか、また様子をみてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク