chromeで突然「windowsのシステム警告」のサイトにリダイレクトされる件

google chromeであるサイトを閲覧中、突然画面が変わります。

以前からあった現象なのですが、ここ最近、頻繁に起きるようになりました。

本日も、あるスポーツ新聞のサイトで高校野球速報をチェックしていると、その現象は起こります。

突然高校野球速報の画面が変わって、以下のような画面に切り替わります。

chromeで突然リダイレクトして切り替わったスパムの怪しい画面

何か、windows自体からのメッセージのように見えますので、思わず更新ボタンを押してしまいそうになりますが、押しません!

ネットの様々な記事、情報などをあらかじめ読んでいて、これは詐欺、乗っ取りに導く画面だと知っていましたので、この画面が出た時はchromeの×ボタンを押してchrome自体を終了させます。

起動してまた高校野球速報の画面を出すと、しばらくしてまた「システム警告」の画面にリダイレクトされます。

また×ボタンを押してchromeを終了することの繰り返しになります。

この現象について、今は、どんな情報が出てるのだろう? と思って検索していたら、

以下の記事がヒットしました。

「Chrome」、ユーザーを予期せぬサイトにリダイレクトする行為を排除へ – CNET Japan

この記事によると、今年からリダイレクト行為が排除される! とあるのですが、

今日、リダイレクトされてるので、全然ダメじゃん!

ただ、記事中でバージョンの記述がありました。

その後にリリース予定の「Chrome 65」では、リンクをクリックしてウェブサイトが新しいタブに表示されたときに、既存のタブの表示がリクエストしていないページに切り替わるという、別の望ましくない動作が排除される予定だ。

CNET Japanより

自分のバージョンはどうなってるんだろう? と思って、

ヘルプ>Google Chromeについて を開いたら、バージョンの更新が始まりました。

スクショを撮らなかったではっきりは断言できませんが、65だったような……。違うかもしれません。

それでもってバージョンアップが終わり、再起動してもう一度 ヘルプ>Google Chrome

を見たら、現在のバージョンが 68.0.3440.75 に。

私は今まで、 Google Chromeは、自動的にバージョンアップ、更新する! と思っていたのですが、私の勘違いで違うようですね。

とにかく、68になったので、突然リダイレクトされる現象は、もう起きないことを期待します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク