白い桜

桜は、今は花びらもだいぶ散って、緑の葉が出始めていますね。

桜の花びらの色が、昔と比べてピンクが薄くなってきた、というのはよく聞く話で、ニュースにもなったりしています。

先週、会社がある西池袋で撮った桜は、

よーく見ると、薄いピンク、といったレベルではなく、

白そのものでした!

西池袋の桜の白い花びら

年々、ピンクが薄くなってきている原因は何なんでしょうか。

地球温暖化? 桜の高齢化? 大気汚染や土壌汚染といった問題ではないような気がします。

そういえば、

先日、ラジオで桜の品種についての話を聞きました。

桜の代表的な品種といえば、ソメイヨシノですね。

このソメイヨシノが年々高齢化してくるとともに、

巨大化してしまい、街路樹としての役割が、難しくなっていることがあるんだそうです。

木の幹の横幅が太くなって、道路のアスファルトが破損するなどの影響があるようです。

それとともに、花びらの白化の問題、これもあります。

そうした中、ソメイヨシノに代わる桜として、ジンダイアケボノという品種が注目されているんだそうです。

このジンダイアケボノ、ソメイヨシノよりは小ぶりで、巨大化することもないとのこと。

また、花びらはソメイヨシノより鮮やかなピンク色なんだそうです。

植えられている割合としては、ソメイヨシノの方が多いそうですが、今後、新たに植樹するなどして、ジンダイアケボノの割合が増えていくかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク